喜劇

悲劇においては、宿命的な行動にこだわる自意識が倫理的な正義にかなったものであること、その行為の正当化が根本的に認められることが大切なのであり、喜劇においては、少なくとも同様に、国家のあり方やその種類、国家を指導し操縦すること、戦争と平和、民衆とその倫理的な状態、哲学の堕落などなど普遍的な公共の関心事が主題に取り上げられるのである。

(美学ⅢS.535)
[PR]
by aowls | 2008-09-06 14:03 | カ行


<< 悲劇 哲学者の任務 >>