カテゴリ:カ行( 5 )

国防軍

旧日本国軍の総括

去る九月二十九日に沖縄で十万人の県民が集まって、旧日本軍の強制による集団自決についての教科書の記述変更に反対する集会があったそうである。

当時の戦争に巻き込まれた沖縄の人々が、教科書においては「日本軍の命令によって強制的に集団自決させられた」とか「沖縄県民の集団自決に日本軍が関与した」とか「日本軍に集団自決を強いられた」とか記述されていたのに、「軍による強制」ではなく「集団自決に追い込まれた」というように変更されることになったことが問題の発端らしい。

そのことについて沖縄県民の中に反対している人が少なくないらしいけれども、正確にどれだけの数の沖縄県民が反対しているのかわからない。しかしこれは多数決の問題ではない。

今なおこうしたことが問題になるのは、この沖縄県民の「集団自決」の問題のみならず、かっての太平洋戦争そのものがいまだ国家的なレベルでもきちんと総括できていないからだと思う。相変わらずの国民性でないだろうか。いつまでも、旧日本国軍の悪弊を感情的に批判していても、あまり生産的ではないように思う。

総力戦が戦われていた当時の沖縄で、その過酷な軍事情勢の下において、非戦闘員である県民がアメリカと旧日本軍の戦闘行為に不本意ながらも巻き込まれ、そのために多くの人々が命を失うことになった。命を失うのだから不本意でないはずはないが、しかし、当時の沖縄県民も敵国アメリカに対する愛国心に燃え、旧日本軍隊と県民一心同体となって敵国アメリカと戦っていたことが想像されるのである。もちろん、戦争という過酷な状況だから決してきれい事だけには終わらなかっただろう。

それを戦後六十年たって、当時を知らない若者たちが、「軍隊が県民を強制して自殺に追いやった」とか言う。しかし、そのような観点で見るならば、それは単に沖縄県民のみならず、赤紙一つで徴兵され、過酷なジャングルでの戦場で命を失った多くの兵士たちばかりでなく、また、勤労動員で働いていたときに原爆を投下されて死に至った中学生たちも、要するに兵隊に駆り出された日本国の青年のほとんどが強制的に国家と軍隊によって「死に追いやられた」ということになる。

しかし、共産主義者などの一部を除く当時のほとんどの日本国民は、愛国心に燃えて「自発的に」敵国アメリカとの戦闘に参加したのだと思う。そして、たとえ国家による「命令」としても、多くの国民は国家のために従順に、むしろ多くの青年たちは誇りをもって敵との戦いに従ったのだ。むしろそれが真相ではないだろうか。それを自らの国家に対する誇りすら失ってしまった現代の人間が、自分たちの価値観を彼らに押しつけて、自決を強制されたなどといって「名誉の死」に殉じた人たちをおとしめているのではないのか。


そこには当時の日本人が一般にもっていた「生きて虜囚の辱めを受けず」といった死生観が死を軽いものとしたこともあると思う。近代の戦争についての無知や旧日本軍の教育の欠陥もあったと思う。ただ、そこに軍人による直接の命令があったのかどうかといっても、現代の戦争が根本的には国家間の総力戦である以上、国家による何らかの「強制」が働かないということはあり得ない。その状況は日本であれ、アメリカであれどのような国家も同じである。

そうした過去の厳粛な歴史を、後世の人間が「後知恵」で批判しても、正しく歴史を考察することにはならないと思う。また「集団自決の強制」が真実であるかどうかは当時の軍人や旧日本軍の名誉に関わる問題ともなる。

そのような歴史的な事実について、最近の沖縄集団自決冤罪訴訟による影響もあったのか、真実が明らかにされるなかで、高校教科書の記述の変更に影響をおよぼしたらしい。

「日本軍による集団自決の強制」の記述の変更についても、犠牲になった沖縄県民が軍隊命令によって強制的に集団自殺したことにすれば、軍属の死として戦後の遺族補償も得られやすくなるために、当時の守備隊長がそれに同意したということもあったらしい。


沖縄集団自決冤罪訴訟を支援する会
http://www.kawachi.zaq.ne.jp/minaki/page018.html


しかしいずれにせよ、二十一世紀の現代においても、世界には多くの国家がそれぞれ独立して存在し、互いの国益を主張しあうような今日の人類の進化の状況にあっては、軍隊を完全に撤廃することはできないし、現実的ではない。

このことは、わずか六十年前の太平洋戦争の開戦時も、二十一世紀に入ったばかりの今日においても、その「厳粛な」歴史的事実には変わりがない。ただ狂信的な「平和主義者」だけが、不可能であるその現実を直視することができず、いつまでも盲信から自分を解放することができないでいるだけである。


現在のような人類の段階で、世界の諸国家がそれぞれ独立して排他的な対外主権を互いに主張しあうような世界史の段階において、国家が軍隊を否定したり放棄するということは現実的ではない。そうした選択をするとすれば、それはその国民が愚かで成熟した判断をもてないでいるからであると思う。


国家がその軍事的な実力を保持して、国家主権を完全に確立していない場合には、自国民が他国家によって拉致されるといったことが起きる。北朝鮮による日本国民拉致事件がそれを端的に証明している。旧社会党の非武装中立論者たちこそ「日本人拉致被害」の責任の一端の担うべきではないか。自衛の軍事行動すら否定する教条的な日本国憲法擁護論者や非武装中立論者たちは横田めぐみさんたちの涙の責任をとれるのか。

戦後の日本国民が、国家や軍隊に対して少なからずアレルギー症状を示すことにも無理からぬ面はもちろんある。日本は第二次世界大戦で、連合国軍に完膚無きまでに敗北し、しかも、その日本帝国軍隊が必ずしも民主的ではなく専制的で、封建的な階級意識をきわめて色濃く残した陰湿な面をとどめていたこと、また、軍隊組織が抑圧的で事大的で非人間的な軍人も多かったのも事実だろう。そのために一般国民が少なからず軍隊や軍人に反感的な感情を持つことになったとしてもやむを得ない。しかし、それもまた日本人自身の国民性の反映でもあったのだ。

しかし、あの戦争からすでに半世紀以上も経過しているのに、今日もなお、いつまでも国民が自らの国家と軍隊に対して不信と拒絶の感情をすら克服し得ていないとするならば、それは健全なことではない。それは指導的政治家たちの怠慢のせいでもあると思う。国家と国民の安全と幸福ために、一身を犠牲にして働く軍隊と軍人を尊敬できない国民は不幸である。

そのためにも過去の旧日本国軍の否定的な側面を全面的に客観的に批判的に総括するとともに、その一方で、たとえば、かっての神風特別攻撃隊に志願した青年たちの高貴な犠牲的愛国心は、今日においても限りなく貴重な価値あるものとして、その意義は正しく評価するべきだと思う。かっての旧日本国軍のもっていた崇高な精神的な遺産を、戦後の民主主義的な愛国心と結合することによって復活させてゆかなければならない。

国民が子供じみた軍隊アレルギーにいつまでもとらわれていれば成熟した完成した国家を形成することはできない。そうしたアレルギーから正しく治癒され解放されてゆく必要がある。

完全に民主化された新日本国軍が、専守防衛に徹することは、日本国民が完全な民主主義的な自覚をもった国民である限り、それは自明の前提なのである。

いつまでも、沖縄での旧日本国軍の「悪弊」を中途半端に批判にさらしておくのは生産的ではない。かっての旧日本国軍の参謀本部の作戦指導上の過ちや、陸軍と海軍の縦割りによる縄張り意識による作戦指揮系統の不統一による軍事戦略上の失敗や、また、それとも関係するけれども、満州国の関東軍における一部軍人の「暴走」などになぜ首相の指揮権が発揮できなかったか、(これは統帥権が天皇直属で、首相にはなかったことなどがある)などといった、かっての旧日本軍の犯した多くの失敗や否定的な側面があるはずである。

それを、戦争原因や戦争回避などもふくめて、国会は全国民的なレベルできちんと歴史的に総括し、その報告書を全国民に提示すべきだろう。旧日本国軍をただ全面的に否定しさることなく、たらいの水と一緒に貴重な赤子を流してしまうことなく、民主主義の観点から、その意義と限界をきっちりと総括して、それを民主主義国家の新日本国軍において再生してゆかなければならないのである。
[PR]
by aowls | 2009-06-27 12:09 | カ行

キルケゴール


私の哲学史(3)──キルケゴール(主体性について)
  

キルケゴールは、第二次世界大戦後にサルトルらに代表される新たな哲学思潮となった実存主義の、その先駆とされる哲学者、詩人思想家である。ニーチェなどと並ぶ。特にキルケゴールは宗教的に、キリスト教の観点から人間の主体的なあり方を問題にした点で特筆される。

f0111592_22335520.jpgキルケゴールの伝記的な研究はすでに多く出ているし、哲学辞典を調べればわかることなので、ここでは詳細は書かない。ただ概略は次のようなものであったとされる。キルケゴールは北欧のデンマークに1813年に生まれ、1855年に死んだ。成功した商人である父の比較的晩年の子として生まれ、特殊な宗教教育を受けて育った。彼の思想はこの生育の環境抜きにしては語れない。またそのことは主体的な思想家として一回きりの生涯を生きようとした彼のような思想家の場合には当然のことである。日本では古くは内村鑑三などによって、無教会キリスト者の祖としても紹介されてきた。彼は終生を真のキリスト者として生きることを課題とし、当時のデンマーク国教会に対する批判者として生涯を生きた。それは主に著作活動を中心とした生涯であって、宗教的思想作品と並んで日記や文学的作品も多く残している。

当時のデンマークは北欧の小国として、文化的にも学問的にも隣国ドイツの大きな影響のもとにあった。特に哲学界においてはドイツ観念論の巨匠ヘーゲル(1770~1831)の圧倒的な影響下にあった。そうした時代的な背景に生きたキルケゴールの思想の核心は、自己の主体的なあり方を哲学の中心的な課題とした点にある。それは、彼がキリスト者として、どのように生きるべきかという青年に特有の課題において、ヘーゲルの影響下にあった当時の多くの二流三流の思想家、宗教者が、その主体的問題を等閑視し、切実な課題としていないことに対する批判として生まれたものである。

それは時代の必然といってよいものである。哲学者といえども時代の子であり、時代を超越することなどできないからである。キルケゴールもまた時代の子であることは論を待たない。それに哲学者は「時代の子」であるという時間的歴史的な制約を負うばかりではなく、また「国家の子」、「民族の子」として空間の制約も負っている。特に、キルケゴールほど、その時代と風土を背景において理解しなければ、その真実を理解できない思想家はいない。それほど彼は、当時のデンマークという国において、それもコペンハーゲンを中心とした市民社会の中で、個別具体的な主体として生きることを課題としたのである。それはまた、倫理的な課題を自己のものとするキリスト教という宗教的な背景を抜きにしては語ることはできない。f0111592_2235545.jpg

私たちが生きた青年時代は今日と同じく、日米安全保障条約下にあり、大学紛争やアメリカのベトナム戦争やが大きな社会問題になっていた。太平洋戦争後まだ20数年しか経過しておらず、共産主義や社会主義に対する理想も失われていない時代だった。いわゆる自由主義国家アメリカの共産主義国家ベトナムに対する戦争の作戦の一環として、わが国にもアメリカ海軍のエンタープライズ号が九州佐世保に寄港した時に、当時の新左翼活動家たちは寄港に反対して佐世保に集結し、機動隊と「ゲバ棒」を武器に戦った。その際に京大生の活動家山崎君が機動隊の機動車に轢かれて死亡した。彼の遺品のバックの中にキルケゴールの『誘惑者の日記』があったと新聞に報じられていた。

当時はマルクス主義と並行して、サルトルらに代表される実存主義がもうひとつの時代思潮だった。その当時の多くの青年も、自分たちの生き方を模索する中で、マルクス主義や実存主義などの思想に出会い、それらを人生の指針として生きようとしたのである。山崎君などは、マルクス主義を主体的に生きようとした青年の一人だったといえる。私にとってもキルケゴールは青年時代に出会った多くの思想家の中の一人である。私にとってはキルケゴールはキリスト教もしくは聖書とヘーゲル哲学の入門としての意義を持った。

当時の中心的な時代思潮だったマルクス主義は「人類の解放」をその哲学的な動機とする思想である。その意味では「キリスト教」などと共通点を持つ。しかし、キルケゴールは彼自身の思想の中にそうした社会的な観点をほとんど持たなかった。きわめて個人的な倫理の観点を堅持した。これも彼が実存主義の祖と呼ばれることの一つの理由である。特に政治を問題にすることのなかったことにも、彼の個人主義は現れている。彼は恋人との結婚の問題を、自身の中心的な宗教問題として捉えた。彼は「人類の解放」といった問題については本質的な関心を持たなかった。政治的には、彼は終生常識的な保守の立場にとどまった。

キルケゴールは父の残した遺産に頼りがら生活し、市民として特定の職業に従事することもなかった。また、国家や都市などの共同体の問題にも直接かかわりることもなく、生涯を著述に従事して生きた。もちろん、そのこと自体ひとつの政治的な立場であって、近代国家に生きる近現代人は、政治とは無関係に生きることはできない。ただ彼は、海外にキリスト教の伝道に赴く青年に曳かれるような、本質的にはロン主義的な文学者だった。これは、三〇歳代を超えて生きることはできず血統的に若死にすることを運命づけられているという、キルケゴール自身の宿命の自覚と関係がある。こうした彼の思想と哲学は青年のそれである。この点において、彼の師であるイエスの思想の一面を継承している。

哲学史的には、キルケゴールはヘーゲル哲学の「巨大な山脈の麓に咲いたあだ花」と評することもできる。なぜなら現代人にとって、社会経済についての学問的な、科学的な認識抜きにしては真に主体的にはありえず、哲学はまた科学でなければならないからである。キルケゴールには主体性の問題についての正しい指摘はあったが、学問的、体系的な認識という点ではヘーゲルには及びもつかなかった。少なくともキルケゴールの、ヘーゲル哲学に対する主体性の欠如という批判は、二流三流の哲学者、思想家、大学教授には該当するかも知れないが、ヘーゲルやカントなどの思想家には該当しない。少なくともヘーゲルもカントも優れて主体的な哲学者でもあったからである。

キルケゴールが主体性の問題を近代哲学の中心的な問題であることを想起させたことには意義がある。そのことは現代においても意義を失っていない。主体的な決断のない思想や哲学など、その名に値しないからである。特に二流三流の「思想家」「哲学者に対する批判としては意味を持つかも知れない。しかし、キルケゴールやサルトルの主体性哲学に欠陥があるとすれば、それらが徹底した客観主義を媒介としていないことにある。客観主義への徹底を媒介とすることのない主体性は、真に止揚された主体性とはいえないからである。この点においては、ヘーゲルの論理学こそ真の主体性の論理を明らかにしているといえる。
[PR]
by aowls | 2009-06-23 22:29 | カ行

海軍

原子力空母ジョージ・ワシントン号の横須賀米軍基地寄港
f0111592_6254355.jpg

航空母艦ジョージ・ワシントン2008年9月25日横須賀入港

航空母艦ジョージ・ワシントン


アメリカ海軍の原子力航空母艦ジョージ・ワシントン号が25日の朝、神奈川県の米軍横須賀基地に入港したことが報じられていた。今年の5月に乗組員のたばこの火の不始末?による火災事故のために、一月以上も寄港が遅れたとのことである。

例によって、労働組合や市民団体が、この空母の入港に反対して気勢を挙げていた。放射能の汚染漏れ事故などを恐れてのことであるが、そもそも入港反対派は、日米安保条約それ自体に反対している。

北東アジアの情勢は動揺を深めつつある。北京オリンピック後、上海万博後の中国国内の動向、金正日の健康悪化による北朝鮮の不安定化、それぞれの国で国内矛盾が深刻化しつつある。中国はその海軍力をとみに強めて、東シナ海から太平洋への進出と覇権を目指している。最近も日本の領海内に海上自衛隊の座視するのを尻目に中国海軍の潜水艦は遊弋出没している。

また、アメリカのテロ指定国家解除の延期に業を煮やした北朝鮮は、IEAによる核施設の封印と監視装置を取り外した。中国に近い西部海岸沿いに新たなミサイル発射台が作られているともいう。その矛先は日本である。

今回の空母ジョージ・ワシントンの寄港は、動揺を深める北東アジアの情勢下に、中国や北朝鮮さらにロシアなどに対して、アメリカが日米安保条約にもとづいて、その軍事力の存在を示して抑止効果を狙ったものである。

軍事力の均衡が唯一の平和の条件であるという現実の国際関係の中で、自国の軍事力の放棄をうたった日本国憲法による不備と空白を埋めるためには、安全保障条約にもとづくアメリカの軍事力に依拠するしかないのである。

歴史にみるように、諸国家は相互に排他的であり、つねに対立の生じる必然性におかれている。そうした現実にあって、日本国民が自国の独立の保証を自国の軍備に求めるという独立国としての当然の条件を放棄するとき、日本国はその空白を埋める代償として、アメリカに軍事力の駐留と存在を求めざるをえない。そして、この現実こそが日本国の対米従属と半植民地化の傾向の根源になっている。

日本国憲法の軍事力の放棄の規定そのものが、日本の対アメリカの従属とその半植民地化を必然的な帰結としてもたらしている。それにも関わらず、この現実を現行日本国憲法の擁護論者たちは見ようとせず、自らの自己矛盾を自覚することもない。

安全を他国に依存するという豚の安楽とモラルの退廃から抜け出して、独立国としての自由と主権を日本国民が独自の軍事力に求めて行くことを悲願とするなら、日本国民は国際関係の中で諸国家の間に存在する緊張と不安の中に身を置くことを覚悟せざるをえない。それは自由と独立の代償でもある。

太平洋戦争の敗北という特殊な状況下で制定された現行日本国憲法も、以来半世紀を過ぎ、その間にGNPで世界第二位を占めるなど、国際環境も国内の政治と経済の体制も大きく変化している。そして、いずれ中国海軍とアメリカ海軍が太平洋を支配し利権を分けあおうとする中で、日本が自由と主権を守ろうとするとき、現在の日本のような「経済大国」がいつまでも軍事的、政治的弱小国であり続けることはできない。それは侵略戦争を絶対的に否定する立場とも矛盾するものではない。また日本が完全な民主主義国として世界から認知されるとき、自由と主権の独立を追求するための日本の軍事力を否定する民主主義国はないはずである。
[PR]
by aowls | 2008-09-27 00:34 | カ行

公共

「公共」と「家政」
http://anowl.exblog.jp/8557079/

例によって、エキサイトのブログのコメントでは「内容が多すぎますので、695文字以上減らした後、もう一度行ってください。」という表示が出てしまいました。そのために、まとめて投稿するために、新しい記事にしました。

hishikaiさんの「福田康夫氏」論をあなたのブログで読ませていただきました。ギリシャの都市国家に二つの空間を見られているのは面白い視点だと思いました。近現代においてはさしずめ「国家・市民社会・家族(個人)」すなわち、「普遍・特殊・個別」の三つの空間を見るのでしょう。

確かに、福田氏には、国家体制や外交・防衛などの理念に関する問題、普遍的な問題について語る問題意識も能力もなかったのだろうと思います。それは福田氏が前総理の安倍晋三氏と同じように、氏の政治家になった本当の動機が、「たまたま政治家の二世に生まれたこと」にあったからではないでしょうか。(二世議員がこれほど支配的な立法府というのは、その国家がまさしく、いまだ封建的な後進国家であることの証明でしかないのですが、日本国民はこの事実をまだ自覚していません。病膏肓に入るですw。いぇ私は自分の国のことは客観的に見ることができるんです。あなたとは違うんです。)

福田康夫氏はあなたのおっしゃるように、「女房」たちの「家政」に関わる、せいぜい「市民社会」の問題しか本質的に語ることができなかったようです。そして、それは単に福田康夫氏だけの問題ではなくて、多くの日本の「政治屋」の問題でもあるのだろうと思います。

実際にも衆議院に巣喰う400余名の「選良」の多くは、道路の利権や農業の助成金そして、中小企業の政策金融などの問題には極めて鼻が利きます。もちろん、それらが重要な問題ではないというのではありませんが、誤解を恐れずに言えば場合によればそれは「税金泥棒」という意味も持ちます。しかし、そうした分野がもともと得意な人たちには「地方政治」の「家政」に従事してもらい、国家の中枢である衆議院では、せいぜい現行の定数の半数以下の200人程度の、本当に「普遍的な」「公共」の問題を論じる意思と能力を持った国民の「選良」たちによって運営してもらえばよいのではないでしょうか。(参議院と衆議院の二院制やその定数問題も真剣に議論する段階に来ていると思います。)


国家の中枢であるべき衆議院の政治的能力の低下の、その原因をさらに突き詰めてゆけば、それは日本の文化の問題や、大学、大学院での政治や憲法教育の問題にまで行き着くと思います。このような「政治屋」しか日本の大学では生み育てられないのが現状です。以前にもあなたの「福田康夫氏」論のように、福田氏について論じたことがあります。日本の政治や政治家の現状を見る一つの視点としていただけるのではないでしょうか。

福田康夫氏は、辞任表明後は、「公共の世界」の問題を超えて、永遠の問題、形而上の問題を語って、政治家ならぬ「宗教家」、「哲学者」として退任されようとしておられるようです。

福田首相:メルマガ最終号は抽象的に「太陽と海と伊勢神宮」
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080904mog00m010001000c.html

福田康夫氏の総裁選不出馬──日本政治の体質
http://blog.goo.ne.jp/maryrose3/d/20060725

福田内閣メールマガジン(第46号 2008/09/04)
http://www.mmz.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2008/0904ya/0904souri.html


②20080908
[PR]
by aowls | 2008-09-09 14:28 | カ行

喜劇

悲劇においては、宿命的な行動にこだわる自意識が倫理的な正義にかなったものであること、その行為の正当化が根本的に認められることが大切なのであり、喜劇においては、少なくとも同様に、国家のあり方やその種類、国家を指導し操縦すること、戦争と平和、民衆とその倫理的な状態、哲学の堕落などなど普遍的な公共の関心事が主題に取り上げられるのである。

(美学ⅢS.535)
[PR]
by aowls | 2008-09-06 14:03 | カ行